葬儀の流れ
年中無休・24時間 フリーダイヤル0120-004-999 まずはお気軽にご相談ください!

ワンタッチで料金見積り 体重ごとにプラン別の明確な料金がわかります。詳しくはこちら
  • かしこい霊園の見分け方 本当に愛しい我が子の供養を任せたいと思えるペット霊園・斎場を比較検討してください!
  • よくある質問 FAQ ペット葬儀の予備知識をご紹介 詳しくはこちら
  • スタッフ紹介 Staff 愛ペット・エデンのスタッフの想いをご紹介 詳しくはこちら
  • ネットでプレゼント ウェブ上よりお申し込みいただいた方には、思い出に残る“プレゼント”をご用意しております。

□■ 最寄りのアクセス ■□
・九州自動車道若宮インターより車で7分。
□■ お車が無い方へ ■
・ご自宅ヘお伺いできます。打ち合わせ後、ご希望の時間にお伺いいたします。
・午後6時までのご連絡受付分は、当日お迎えに伺います。
・営業時間外の夜間火葬も可能です。ご相談ください。

  • 愛ペットブログ お客様の声から、スタッフの想いなどをご紹介いたします! 今すぐチェック!
  • たのんで安心「安心マーク」はペット葬儀・霊園ネットより安心なペット葬儀会社・霊園として付与されています。
  • ペットの自宅葬
  • HOME
  • 葬儀の流れ

もしも、大切なペットがお亡くなりになりましたら

病院にあずけていたのなら、しっかりとした対応をしてもらえるはずです。もしご自宅で最期を見送ったのであれば、自分たちで対応しなければいけません。

お別れの確認

※多くの場合ペットは目を開けたままで息を引き取ります。
(1)呼び掛けて目の前で指等を動かし、反応を確認します。
(2)呼吸、心臓の鼓動を確認します。
(3)舌が動かず白くなっていき、歯茎も白くなっていきます。

≪ご遺体の取扱い≫

1.体液の処置。
犬種・体重・室温・気温等で多少の違いは当然ありますが、まず筋肉類がゆるみ、尿、便、体液等が出てきますので丁寧に拭いてあげましょう。敷物を敷き、シート・タオル・毛布等で体液の受け対応をします。場合によっては詰め物などをする必要もありますが、しばらくすると自然に止まります。

2.体勢を整える。
体液の受け対応が済んだら、硬直する前に体勢を整えてあげましょう。前後の足をたたみ、体と添えます。(棺に良い姿で納めるため)また、まぶたや口も閉じてあげるとよいでしょう。完全に閉じなくても、自然な状態で構いません。

3.体、毛並みを整える。
よく絞ったタオルや消毒液で体を拭いてあげましょう。その後、きれいにブラシをかけてあげるのもよいでしょう。

4.納棺。
タオルやシーツなどで包んであげます。大き目のダンボールなどに入れてあげると、運びやすくなります。

5.安置。
冷暗所に安置します。気温によっては、お腹と背中のところに氷や保冷剤等を添えましょう。遺体はとても傷みやすいものです。最後の時まできれいな状態でいさせてあげるためにも、しっかりと保冷のできる場所に寝かせてあげましょう。

葬儀・火葬依頼

ペットの場合、人間のように死亡後24時間経過して火葬するというような法的規制はありません。ご家族がお別れの準備(心の準備も含め)ができたらペット葬儀、火葬場の手配をします。

愛するペットにできる、最後の家族の気持ちの表現。
納得できるペット斎場を選ぶべきです。
(例えば個別火葬か、合同火葬を行っているか否か、葬儀をきちんとするのか等)

価格の表示は斎場ごとに異なります。火葬料だけを確認するのではなく、棺・セレモニー・お骨壷等、全てが含まれた金額なのか、後で追加料金等が生じないかなどを十分確認してください。

葬儀、火葬の流れ

  • 葬儀・お別れ供養
  • 火葬
  • お骨拾い
  • 供養

葬儀の後も

愛ペット・エデンは、葬儀・火葬・納骨が終われば、それで役目が済んだとは当然考えていません。 むしろ、ここからが私たちの本当の役目の始まりです。
いつでも、いつまでも、ご家族様の心の安らぎを願い、気持ちよくご供養・お参りいただき、スタッフと、また時にはご来園のご家族様同士で、在りし日の楽しかった思い出話に花を咲かせ、少しずつ悲しい思いを当斎場に置き・収められて行かれる場をご提供し続けることを、有るべき役目と考え取り組んでいます。

合同卒塔婆供養

毎月の合同供養祭では、前月に亡くなった子たちの初七日・四十九日供養として、蓮光寺ご住職により、ご家族さまと亡き子のお名前を一人ひとり読み上げ供養いたします。
愛ペット設立当初、「動物(ペット)にお経を読むことはできない」と多くのお坊様に読経供養を断られるなか、「亡き魂を想う気持ちに人もペットも関係ない。私も動物が好きだから」と、快く引き受けてくださった片桐ご住職による供養です。今はペットちゃんも家族が亡くなった時とと同じように供養してあげたいというご家族さまがほとんどです。ぜひ亡き子の遺骨、あるいは遺影を胸に抱っこしてあげてご参列ください。ゆっくりと亡き子を思い出してあげることもひとつの供養のありかたです。
また、合同供養祭を一周忌・三回忌の法要としてご参列いただくこともできます。開催日時等、月によって変動することがございます。ご参列希望の場合はお電話にてご連絡ください。

ご参列のご家族様には片桐ご住職直筆の “卒塔婆(そとば)” をご用意し、卒塔婆供養を行います。供養後の卒塔婆は、ご自宅にお持ち帰りいただき遺骨の横に立ててあげてください。(必要でない方はそのまま蓮光寺にてお炊き上げしていただくことも可能です。)

※卒塔婆・・・30cmくらいの木製の板に、ご家族様と亡き子のお名前をご住職が直筆で書き入れます。

プランの内容と料金案内

ペット葬儀のことなら福岡の愛ペット・エデンへ。ペット火葬からお葬式、供養、納骨、霊園まで何でもお気軽にご相談ください。年中無休24時間お電話で受付けております。

ホームページ制作